看護師/理学療法士/作業療法士を目指す専門学校 鳥取市医療看護専門学校 鳥取駅から徒歩1分

menu
学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

【在校生、保護者の皆様】新型コロナウイルス感染症に伴う5月7日以降の開校について(5/3更新)

2020年05月03日

重要

令和2年5月3日

 

学生の皆様

保護者の皆様

鳥取市医療看護専門学校

学校長 下田 光太郎

 

新型コロナウイルス感染症に伴う5月7日以降の開校について

 

平素は、本校の学校教育に対しまして格別のご理解を賜り誠に有難うございます。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく緊急事態宣言は5月7日(木)以降も継続する方向で調整中ですが、本校では文部科学省のガイドラインの考え方、鳥取県における新型コロナウイルスの感染状況、また鳥取県内の学校が再開することを踏まえて5月7日(木)から学校を再開することしました。今後の予定について下記の日程でホームルームを行います。

 

 

・ホームルーム日程

5月7日(木) 2時間目の開始までに学校に登校

学生個々の健康衛生面の確認と今後の学校の教育方針について説明を行います。

集団感染リスクの対応に注意をしながら時間までに登校をお願いします。

 

 

これまで以上に感染予防対策をしていくため以下の点に留意をしながら学校を再開することとしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

・基本的な感染症対策の実施

不要不急の外出、特に鳥取県外への外出はお控えください。

アルバイトも引き続きお控えください。

感染症対策の3つポイント

・感染源を断つこと―毎日の検温と風邪症状による体調不良の確認。

・感染経路を断つこと―こまめに手指洗浄と咳エチケットの徹底。

・抵抗力を高めること―睡眠・休養・食事のバランスを整える。

 

・集団感染リスクの対応

3つの密の回避(不要不急の外出自粛)

密閉、密集、密接-換気や人との間隔を空けるなどの工夫を行う

 

・報告、連絡、相談の迅速な行動

発熱で37.0度以上の場合は必ず学校へ連絡をお願いします。また4日以上発熱が続くなど、風邪の症状があれば直ちに保健所や医療機関に相談をしてください。その後、学校への連絡もお願いします。

 

以上

 

状況が刻々と変化していますので、その対応につきましてはホームページにて情報提供いたします。

 

 

【参考情報】

・新型コロナウイルス感染症対策本部(首相官邸HP)

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/26corona.html

・文部科学省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html

・厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

・外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/

・国立感染症研究所

https://www.niid.go.jp/niid/ja/

 


令和2年4月20日

学生の皆様

保護者の皆様

鳥取市医療看護専門学校

学校長 下田 光太郎

 

新型コロナウイルス感染症に関わる臨時休校について(お知らせ)

 

平素は、本校の学校教育に対しまして格別のご理解を賜りまして誠に有難うございます。

 

4月16日に新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく緊急事態宣言が全都道府県に発令されました。鳥取市医療看護専門学校ではそれを受けて下記の期間、臨時休校と致します。

 

そこで、有効な感染対策をしていくため、学校とご家族と連携することが大切と捉えておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

・臨時休校期間

4月27日(月)~5月6日(水・祝)

※一部実習中の学生に関しては、学科の指示に従ってください。

 

この期間の授業はすべて中止します。

学生、関係者の皆様の登校はお控えください。

学生の皆様には、課題等について後日連絡いたします。

5月7日(木)より授業開始予定となりますが、更なる感染拡大により状況の変化がある場合があります。

 

・基本的な感染症対策の実施

不要不急の外出、特に鳥取県外への外出はお控えください。

アルバイトもこの休校期間中はお控えください。

感染症対策の3つポイント

・感染源を断つこと―毎日の検温と風邪症状による体調不良の確認。

・感染経路を断つこと―こまめに手指洗浄と咳エチケットの徹底。

・抵抗力を高めること―睡眠・休養・食事のバランスを整える。

 

・集団感染リスクの対応

3つの密の回避(不要不急の外出自粛)

密閉、密集、密接-換気や人との間隔を空けるなどの工夫を行う

 

・報告、連絡、相談の迅速な行動

発熱で37.0度以上の場合は必ず学校へ連絡をお願いします。また4日以上発熱が続くなど、風邪の症状があれば直ちに保健所や医療機関に相談をしてください。その後、学校への連絡もお願いします。

 

・その他

この対応につきましては、単位認定に関して代替案を講じるなど学習評価等を通じて弾力的に対処することで、学生の進級・卒業・国家試験・就職活動等に不利益が生じないように配慮いたします。

 

以上

 

状況が刻々と変化していますので、その対応につきましてはホームページにて情報提供いたします。

 

【参考情報】
・新型コロナウイルス感染症対策本部(首相官邸HP)
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/26corona.html
・文部科学省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html
・厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
・外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
・国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/

 

 

ページトップへ戻る

close