menu

地域こども支援専攻
CHILD SUPPORT major

昼間部3年+専攻1年 /
理学療法士学科・作業療法士学科

理学療法士作業療法士は「リハビリの専門職」。
地域こども支援専攻では、医療国家資格である「理学療法士」「作業療法士」の資格取得に加え、
こども支援に焦点を当てた知識・技術を学びます。卒業後は医療機関・介護施設はもちろん、
小児リハビリなどの分野でも幅広く活躍する人材を育てます。

Pick Up!

少子化でこどもが減少する中でも、学習・生活上の困難で支援を必要とするこどもたちは増え続けています。

支援が必要なこども達を支えるため、「地域こども支援専攻」ではこどもの発達分野への支援を専門的に学び、こどもの能力や可能性を最大限に引き出すサポートをします。

地域こども支援専攻のポイント
COURSE POINT

  • 01. 地域こども支援専攻とは?

    「地域こども支援専攻」とは3年間+1年間で理学療法士・作業療法士の資格取得に加えてこどもの支援についての専門的知識や技術を学びます。「理学療法士」と「作業療法士」の資格取得を主としながら、専攻の学びとして1年次からこどもの支援について学び、さらに大学卒業資格(学士)取得を目指すことができます。

    ※星槎大学通信制課程との併修にて学士取得を目指します。

  • 学生がリハビリ体験をする様子
  • こどものリハビリに取り組む学生
  • 02. 「医療系国家資格」+「支援教育専門士」+「大学卒業資格(学士)」が取得できる。

    「地域こども支援専攻」では学校法人国際学園星槎大学 通信制課程を併修して、「理学療法士」「作業療法士」の資格取得に加えて専門知識を学びます。また大学卒業資格(学士)取得と「支援教育専門士(履修証明プログラム)」が取得できます。学費についても専門学校の学費と大学の通信教育課程費用がプラスされるため、通常の4年制大学に進学するよりも学費を安く抑えることができます。

履修証明プログラムとは?

履修証明制度とは、社会人等を対象とした一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)です。修了者には単位を認定することができ、学校教育法に基づく履修証明書を交付します。
学びたい分野の知識や技術を体系的に学ぶことで専門性の向上につながるだけでなく、学んだことを履歴書やジョブカードに書くことができるので、キャリアアップや転職、再就職に活用できます。
(学校教育法第105条及び学校教育法施行規則第164条等)

学びのステップ・カリキュラム
CURRICULUM

1年次から4年次までのカリキュラム

Pick Up!

学修のすすめ方は?

各学科のカリキュラム以外に4年間を通して、17科目33単位を修得します(大学併修)。
自学自習が主体となり、以下の表のような流れで学修をすすめていきます。

テキスト学修(自学自習)によるレポート作成→スクーリングの受講→自宅等で受験する科目修得試験→単位修得

※科目によって、スクーリングを先に受講する科目があります。

鳥取にいながらこどもリハビリを学ぶ
ONLINE LESSON

より専門性の高い医療職に対応
EMPLOYMENT

理学療法・作業療法を軸に、より範囲の広い医療の現場で活躍できる人材へ

<主な就職先>

Q&A
QUESTION and ANSWER

地域子ども支援専攻への入学を希望しているのですが、どのようにして入学手続きを行えば良いですか?
理学療法士学科/作業療法士学科に合格後、2月末までに地域こども支援専攻への入学希望の旨を学校にお伝えください。
その後別途個別に説明を行います。
地域こども支援専攻への入学は別途入試など受ける必要がありますか?
理学療法士学科、作業療法士学科に合格をした方であれば別途入試を行うことはありません。
地域こども支援専攻の4年間の流れはどのようになりますか?
通常の理学療法士学科/作業療法士学科の3年間の学びに追加して、星槎大学を1年次から併修してもらいます。
1年次~3年次は通常の学びがありますので、少しずつ星槎大学の単位を取得し、4年次に残りの単位取得と実習を行ってもらう予定です。
そのため1年次~3年次は週に何度か通常の授業が終わる4限目の後に5限目の授業を受けてもらいます。
4年次は週に何度か学校に通ってもらい、単位取得のための授業を行う他、学外での実習を予定しております。

理学療法士学科・
作業療法士学科についてはこちら!

ページトップへ戻る

close