鳥取市医療看護専門学校

menu
医療のシゴト

EMPLOYMENT
作業療法士について

作業療法士について

OCCUPATIONALTHERAPY

作業療法士について

患者さんに寄り添い、リハビリを一緒に楽しみたい

作業療法は、食事をする、料理を作る、手芸をする、といった日常的な動作や趣味の活動を訓練に取り入れることが多く、患者さんにとっては好きなことをリハビリで取り組めることができるので、苦痛を感じることが少なくてすむのが特徴です。またリハビリだけではなく、カウンセリングなどにも活用することができ、精神的にも支えになることがやりがいとも言えます。

チーム医療における役割

日常生活に必要な動作と精神的な面でサポート

日常生活を送る上で必要な動作は作業療法士が関わりますので、食事や歯磨き・着替え、入浴、トイレなど日常生活の練習や、精神的なリハビリテーションを行っていきます。

理学療法士
作業療法士違い

理学療法士と作業療法士。同じリハビリを専門とするシゴトですが、目的が大きく異なります。

理学療法の目的

身体の基本的な動作における機能回復をサポート

  • 食事ができる
  • 寝返りができる
  • 座れる
  • 立てる
  • 歩ける
  • 座れる
理学療法のリハビリ方法
  • 筋肉や関節を動かす運動療法
  • 患部を温めたり冷やしたり、電気で刺激を与える物理療法
  • 立つ、歩く、座るなどの日常生活活動訓練など
作業療法の目的

日常生活で必要な機能回復をサポート

  • 着替えができる
  • 学習ができる
  • 支障なく生活ができる
  • 料理が作れる
  • 仕事ができる
  • 料理が作れる
  • 料理が作れる
  • 学習ができる
  • 支障なく生活ができる
作業療法のリハビリ方法
  • 身体を自由に動かすための身体運動活動
  • 仕事や学習量力を高めるための活動
  • 手先を動かすための手工芸
  • 生活圏拡大を目的とした活動

活躍の場

医療施設、保健施設、福祉施設などでリハビリの中心的役割を担います。

病院・診療所
患者さんの評価を行い、一人ひとりに合わせた訓練計画を立て、退院後の生活スタイルを想定した訓練を行います。また、チーム医療の一員として連携・調査を行います。
訪問介護ステーション
在宅で生活されている患者さんのご家庭を訪問して、「その人らしい生活」を送っていただくための「できること」を増やすサポートを行います。
福祉・介護施設
高齢者や障がい者が利用される施設において、機能訓練や日常生活の援助などのサービスを提供します。
障がい児関連施設
身体障がい児や知的障がい児などの指導や発達を促す訓練を行い、身体・精神の両面をサポートしていきます。

鳥取市医療看護専門学校
×
作業療法士学科

年代別(2016年)

年代別グラフ

男女比(2016年)

男女比グラフ

人に笑顔を与える事の出来る
作業療法士を目指します

皆さんが普段自然とおこなっている「笑う」ということ。実は心や身体の健康にとても重要な要素である事が科学的に証明されてきています。臨床現場でのリハビリ訓練で、お笑いのビデオを見てもらうなど、笑いの要素を取り入れることによってQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の向上に役立つのです。作業療法士学科には、この「笑いの効用」について研究しているプロフェッショナルの先生がいるので、笑いをリハビリに用いる方法を授業の中で実際に体験してもらう事ができます。また、普段の授業でも笑いの要素を取り入れ、人に笑顔を与える事の出来る作業療法士を目指します。

授業風景写真

学びの特長

  • 特長
    01

    特長写真1

    グループワークで人間的な成長を目指す。
    作業療法士は「こころと身体のスペシャリスト」ですので、患者さんとのコミュニケーション能力が最も重要です。そのため、どの科目でも一方通行の授業ではなくグループワークの時間をたくさん取り入れており、グループ内で「自分の意見を言う」「他人の意見を聞く」という事を通して人間的に成長していくことができます。
  • 特長
    02

    特長写真2

    地域社会で活躍するための資格を取得。
    障がいを持っている方のスポーツ活動をサポートする「初級障がい者スポーツ指導員」や高齢者などの住宅環境を整える「福祉住環境コーディネーター2級」の資格が取得できるカリキュラムを取り入れており、地域社会の中で活躍する将来像を描けるようにします。

ページトップへ戻る

訪問者別メニュー
close